Google
トップページに戻る

フロリダのアリゲーター・テールのフライ(ワニのしっぽ・から揚げ)

思うに、人は、
得体の知れない肉(タンパク質の塊)を食べると、
みんな同じような例えで感想を述べる気がする。

それは、

「なんか、チキンみたいな味

という感想である。

もちろん、「鶏肉みたいな感じ」という言い方もある。
(同じことやんか〜)

そういう言い方で表現されるものの一つが
アリゲーター・テール、そう、ワニの尻尾である。

フロリダのシーフードレストランとかに行くと
たまにメニューに出ている。

ルイジアナのニューオーリンズなどのレストランでも
ときどき見る食べ物でもある。

たいていは、
食べやすい大きさに切ったアリゲーター・テールを
から揚げにしている。

揚げたアリゲーターの写真はこんな感じ(↓)

http://www.flickr.com/photos/swit012/505318016/

アリゲーター・テールは、
なんと表現していいのか分からないが、
わたしが食べたものに限って言うと、
チキンをゴムのように多少噛みにくくした感じというか、
質感がチューイーというか、なんとも言いがたく、
正直言って、美味しいというほどのものではない。

はっきり言って、アリゲーターを食べるくらいなら、
チキンのから揚げのほうが、ずっとジューシーで美味しい。

アリゲーターといえば、フロリダのタンパに
ブッシュ・ガーデンズというテーマ・パークがあり、
そこには、怖いほど大きいワニが沢山いる。

初めて、ブッシュ・ガーデンに行ったとき、
池のところで日向ぼっこをしているワニたちを見た。

が、しかし、彼らが、あまりにも動かないので、
コンクリートで出来た偽者かと思った。

それくらい大きく、灰色で、うそっぽいのである。

が、しかし、よく見ていると、目がぎょろっと動いたり、
足がゆっくり動いたりして、ひゃ〜、本物だったのね、
とやっと気づくという感じである。

緩慢な動きをぼーーーっと見ていると、
池の中に入って(しかも、なぜか、背中に亀を何匹も乗せて)
泳ぎだすワニがいたりする。

話がずれてしまったが、はっきり言って、
ブッシュガーデンの鰐の場合、あまりに大きいから、
しっぽの肉なんか噛み切れないほど固いに違いない。

食用のワニは、小さい柔らかいものに違いない。
(たんなる想像だけど・・・。)

それにしても、ワニの捕獲、許されてるのかしら・・。

とあらぬことを考えてしまう。

養殖なのかどうか知らないけど、
ネットでワニのしっぽの肉を買うこともできる。

http://www.lintonsseafood2.com/Alligator_Tail_Meat_lb_p/gtr1.htm

で、アリゲーター・テールのから揚げのレシピーは
こんな感じ。

http://gatewayno.com/cuisine/recipes/cajun/fried_alligator.html

他にも調べると一杯出てくる。

興味のある人は、
fried alligator tail で調べてみるといいかも。

そうそう、言い忘れていたが、
UF(フロリダ大学)のシンボルはゲイター、
ワニである。

スポーツチームの名前とか見ていて
ゲイターズ・フットボールとか、
ゲイターズ・バスケットボールとか言うと
それはUFのことである。

(以下が、ゲイターズのサイト)

http://www.gatorzone.com/

アリゲイターが大学のあだ名になるほど
フロリダには、ワニがいっぱいいるってことよね。

ということで、
爬虫類をフライにして食べようっていうのも
すごいもんがあるけど、
中国へんでは蛇も食べるみたいだし、
から揚げにしたワニくらい大したことないかも・・。

(いやはや、今回は、
アメリカのゲテモノ・フードとでも命名すべき
お話だったかしら?ごめんちゃい。)
posted by ちーひめ at 15:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食べ物

アメリカのバッファローチキンウィングズ

日本ではあまり見ないけど、
こっち、アメリカで結構人気があるのが
バッファローチキンウィングズ。

鶏の手羽を丸揚げにして、
タバスコソースを加工したような
辛いソースをつけたものだけど、
アメリカでは、結構色んなところででてくる。

普通のレストランのアペタイザーになってたり、
デリバリーしてくれるピザの店でも、
ウィングも一緒に買えるところが多い。

ピザの店では、揚げるというより、
オーブンで一緒に焼いてしまう感じなので、
あの独特のカリカリした感じにはならないけど、
それでも、ビザと一緒に注文する人は多い。

で、最近は、ウィングにもいろんな種類がでてきた。

わたしのお気に入りは、
WINGSTOPというフランチャイズの店の
レモンペッパー味のウィング。

(以下は、ウィングストップのサイト)

http://www.wingstop.com/

これは、かなり病みつきになる美味しさ。

カリカリに揚げたウィングに、
塩、胡椒、そして、レモン味のすっぱいパウダー
(らしきもの)がかかっているだけの
シンプルなウィングなんだけど、これが美味しい。

ウィングストップには、
いろんな味のウィングがあるけど、
わたしの友人連中はみんな、レモンペッパー味が
一番美味しいという。

店員さんに、「あなたの一番好きな味はどれ?」
と聞いても、レモンペッパーという人が多い。

あまりにも気に入ったので、
うちの会社の人に言いまくり、
お昼にみんなで食べに行こうと無理やり誘っていたら、
社長はあきれ果て、WINGはWINGだろう。
騒ぐほどではないだろ〜!という。

ちなみに、うちの会社は、フードビジネスをやってて、
モールのフードコートにファーストフードの店を出している。

そんな事情もあって、
同僚の一人が、いろいろ調べていて、こう言った。

いや〜、社長、
ウィングはウィングと言っても、タダモノじゃないかも。
WINGSTOPは、けっこうすごいですよ。
全国に550も店があるし。。。。
(タンパには、2件しかないけど・・・)

例えば、テキサスの○○モール。
他の店は高いレントを払わされているのに、
ウィングストップは、ランドロードの優遇を受けて、
たったの3000ドルのレントしか払ってなくて、
しかも、年間、1.8ミリオンダラー(ドル)の
商売をしている。他の店は客があまり来てないのに、
ウィングストップは人が並んでいる!!
で、1.8ミリオンダラーもビジネスがあるのに、
ここは狭すぎるといって、モールから出てしまったらしい。

どこがどう人気があるのかは知らないけど、
何かあるかもしれないから、行ってみよう!!

ということで、6人で食べに行った。
いろんな味を試してみたけど、全員一致で
レモンペッパー味が一番美味しいという結論になる。

で、話は変わるが、わたしは、ちょっと前に
ジェットブルー (航空会社の名前)でNYに行った。

飲み物は何がいいですか?と聞かれて、紅茶を頼んだ。
そしたら、レモンのかわりに、小さい袋が出てきた。
袋をあけてみると、粉砂糖みたいなパウダーがでてきた。
紅茶に入れて飲んでみると、まぎれもなくレモン味。

なるほど・・・・・
あのレモンペッパー味のウィングは、
このレモンパウダーと塩、胡椒を混ぜたものを
揚げた鶏の手羽にふっただけなのかも・・・・。

思わず深くうなづいた私なのであった。

アメリカのバッファローウィングについて書くつもりが、
レモンペッパーウィングの話になってしまった。

バッファローウィングはソースをかけてしまうと、
せっかくのカリカリの皮がしなっとしてしまうことも多く、
レモンペッパーのかりかりに負けてしまったのであった。

 
posted by ちーひめ at 11:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | アメリカの食べ物

ニューオーリンズのクローフィッシュ(アメリカザリガニ)

友人が、突然、聞いた。
ちーひめ、クローフィッシュ(CRAWFISH)好き?

クローフィッシュというのは、アメリカザリガニのことで、
ルイジアナ州・ニューオーリンズでよく食べられる。

(ニューオーリンズでは、エビやアメリカザリガニを
いろんなスパイスと一緒に殻ごと茹でる。)

で、その子が言うには、フロリダのタンパにも
アメリカザリガニを食べさせてくれるケイジャンレストランがあって、
そこに一緒に行こうというのである。

(ちなみに、ニューオーリンズの料理はケイジャンフードと呼ばれる。
    ↑なんちゅう手抜きの説明・・。)

で、そのニューオーリンズ風ケージャンレストランの名前は、
CRAWFISH CORNER という。

興味がある人は、上のリンクをクリックしてみてね。
(音楽が鳴るので、気をつけてね。)

で、このレストランは、すごい小さなレストランで、
小さなテーブルが4つくらいのところ。

そこに食べに行った。

このレストランは、なぜか、
若いベトナム人カップルが経営している。

なんでケイジャンフードをベトナム人が?と
疑問に思って聞いてみたら、彼らは、ニューオーリンズで生まれ、
ニューオーリンズで育ったベトナム人2世だということが分かった。

そっか。なるほど。

で、オーダーはその友人に任せた。

彼女は、クローフィッシュを4ダースほども注文した。
残りを持って帰るつもりで、余計にオーダーしたらしい。

で、しばらく待っていると、
熱々、茹でたてのアメリカザリガニが山のように出てきた。

殻を剥くと小さくなってしまうものの、
爪とか足とかついたままの頭つきアメリカザリガニは
50個近くあると、壮観と言える・・・。
(なら、写真でも撮っとけよ、と言われそう。)

彼女は、嬉しそうな顔をして、さあさあと勧める・・。

こうやって食べるのよ、と言いながら、
手際よく頭を取り、ちゅうちゅう吸っている。
およ〜!

まねして食べようとしたけど、なんせ、茹でたて。
熱いし、殻についたスパイスが唇について、ひりひりする。

わたしは辛いもの大好きだけど、
それは口の中の話しで、唇につくと、痛いというか、
なんと言うか・・・。正直言って、ぴりぴりする。
唇がはれ上がって、心持ち大きくなった気がするくらいである。

で、小さな身を取り出して食べてみるけど、
中味は全然辛くない。 

正直言って、そんなに美味しいというほどでもない。
だけど、初めてなので、好奇心一杯。とっても楽しかった。

ついでに、ガンボスープも食べた。
このガンボスープというのもニューオーリンズの料理で、
オクラやご飯、ソーセージやシーフードの入ったスープ。

次にこのレストランに行くときは、
POーBOYSと呼ばれるサンドイッチを食べてみよう
と思ってるところ。

(牡蠣のPO−BOYSサンドイッチが人気らしい。
牡蠣のサンドイッチというのも、ちょっと不気味な気はするけど・・)

それにしても、日本の川にも一杯いるアメリカザリガニ。
誰も食べないのはなぜかしら・・・?
posted by ちーひめ at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食べ物

アメリカ(フロリダ)の竹の子

おいおい、ちーひめ、ちょっと来い!

社長が呼ぶので、何かと思って行ってみたら
社長の部屋には、竹の子と生シイタケの箱が
置いてあるではないか。

中には、小さい竹の子が、
15個ほど、ころころ入っている。
シイタケも、箱いっぱいに入っている。

社長の知り合いの中国人が、
シイタケと竹の子を栽培しているらしくて
今日、ちょっと買ってみたらしい。
へ〜、アメリカでも、竹の子なんか、取れるのね。

竹の子といえば、私の日本の実家には、竹やぶがあった。
七夕の日には、近所の人がたくさん、笹をもらいに来た。

竹の子も新鮮なのがたくさん取れた。
丸々とした大きい竹の子を、炊き込みご飯にしたり、
お寿司に入れたり、煮物にしたりして、よく食べた。

懐かしいなあ。
生の竹の子なんて、アメリカでは初めてだ。

社長曰く、生の竹の子は、茹でて薄切りにして
キューピーマヨネーズで食べるのが1番だよね。

ふ〜ん、そうなの?
台湾の人は、そうやって食べるの?
(社長は台湾人なのです。)

わたしは家に帰って、
もらった竹の子の皮をむき、
お米のとぎ汁でとりあえず茹でておいた。
たかの爪はないので入れなかった。

さあ、明日は、これを何にしよう。
楽しみだな〜!

ちーひめ@竹の子をアメリカの食べ物のカテゴリーに入れて良いのかどうか多少迷うけど、フロリダで栽培された竹の子みたいだし、まあ、いっか。

posted by ちーひめ at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの食べ物

アメリカにしかないフォーチュンクッキー

みんなは、
フォーチュンクッキーって、
聞いたことがあるかな。

アメリカで中華料理を食べると、
最後にビルと一緒に出てくるクッキーが
このフォーチュンクッキーなんです。

フォーチュンクッキーは
日本のおせんべい風の素材で
中におみくじのようなものが入ってます。

そのおみくじの内容は様々で、
ときには、おいおい、それがどうしたんだよ〜と
突っ込みを入れたくなるような
メッセージが入っていることもあります。

たとえば、
あなたは中華料理が好きです、みたいメッセージ。
こんなの引いても、あまり嬉しくないよね。

で、メッセージの裏側には
中国語の単語の紹介とかが出ているときもあります。

また、6つの数字を選ぶような宝くじが買える州では
6つの数字がついていることもあります。

フォーチュンクッキーの感覚をちょっと試してみたい人は
ここ(↓)をクリックしてみてください。

http://www.chinaunique.com/cookie/fortune.htm

クッキーをクリックすると
2つに割れて、中のメッセージが出てきます。
(英語ですが・・・。)

このフォーチュンクッキーは、
中華料理店で出てくるとは言え、
中国ではフォーチュンクッキーを出す習慣はないみたいで、
どうも、これは、アメリカだけの習慣のようです。

というか、そもそも、フォーチュンクッキーというものが
アメリカだけの食べ物のようです。

中国、台湾、フィリピン、シンガポール、
どこにも、フォーチュンクッキーはないらしいのです、
面白いことに。

ふ〜ん、フォーチュンクッキーって
アメリカで発明された食べ物だったのね!
中華料理店だけに出てくるから、
アメリカ在住の中国人の誰かが発明したかしら。

そういう私の声を聞いた友人が言いました。

いや〜、フォーチュンクッキーが出てくるのは
中華料理店だけとは違うよ。

わたし、20年ほど前は
ロサンジェルスに住んでたんだけどさ、
あそこって香港出身の広東人が沢山いるのよ。

そいでさ、広東の人って、
アーモンドクッキーを食べるのよ。

だから、ロスの中華料理店では、
アーモンドクッキーが出てきてたわよ。

フォーチュンクッキーが出てくるのは
日本料理店だったわよ、ロスでは。

だから、フロリダに来て
中華料理店でフォーチュンクッキーが出てきたとき
正直、びっくりしたのよ。

それを聞いて、私も、びっくり。

ちなみに、昼ごはんに、
テイクアウトの中華料理を取った同僚が
クッキーを一つくれたので、
中にどんなフォーチュンが入っているか、
ちょっと一つ見てみました。

To love and win is the best thing;
to love and lose is the nest best.
lucky number:10,16,23,24,25,37

ふ〜ん、これは、
いったい、どんなメッセージを
伝えようとしているわけ?

愛して得るのが最高だけど、
愛して失うのも次に素晴らしい、って感じだから
失恋を恐れず恋せよ乙女、ってな感じなのかしら。

そんなら、はっきりそう書けよ〜

と、またまた、フォーチュンクッキーに文句を言う
われわれなのであった。
posted by ちーひめ at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(1) | アメリカの食べ物
"もっと"簡単ショッピング Store-mix.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。